カテゴリ:2005イタリア旅行日記( 14 )
帰国
2005年11月26日(土) フィレンツェ 天気:雨

帰りの飛行機は、フィレンツェ12:00発のアリタリア航空。
9:00の空港行きバスに乗って、順調・順調。
10:00にはチェックインをすませたが、
「定時に飛行機が飛ぶかわからないので、スーツケースは11:15ごろにお預かりします。
その時間にまた、こちらに来て下さい。」
と言われたのが、今思えば怪しかった・・・。

その時間に行ってみると、チェックイン・カウンターは行列。
しかも、行列がなかなかすすみません。
・・・・・・・・ ( ´・ω・`) や~な予感・・・。

案の定!
「天候が悪く、飛行機がフィレンツェに着陸できません。
予定の飛行機はピサに降りました。皆様もバスでピサへ移動願います。」
ということに。

フィレンツェ→ミラノ→成田 だったのが
ピサ→ミラノ→成田 に変わる。

フィレンツェからピサまでは空港のシャトルバスで約50分。
ミラノでトランジット予定の乗客がたくさんおり、皆ぶぅぶぅ。
それでもピサから2時間遅れで飛び立ったんだから、ヨシとしましょうよ。

ミラノでは、トランジットの乗客対応のアリタリア係員が待ち受けている。
成田行きは私たちを待っていて(?)くれて、3時間遅れの出発予定に。
(3時間遅れで帰れるならマシな方です、経験上。)

このまま「飛行機が出ないので帰れませ~ん」とアリタリアのせいにして
もっとイタリアにい続けたかったのだが、無事帰ってきてしまいました。

それももう3週間前の話。
時がたつのが早すぎて~。たりらりら~。
今年もあと2週間を切りました。信じられませんが、現実をしっかり見つめなきゃ。
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-18 16:36 | 2005イタリア旅行日記
シエナ日帰り
2005年11月25日(金) フィレンツェ 天気:雪のち雨、 シエナ 天気:曇りのち雨

この日は、イタリア名物(?)ストライキがあった。
交通機関だけでなく、公共施設は16時半から全面スト。
しかし、フィレンツェの天気は雪。ミケランジェロ広場も街歩きもとりやめ。
ストは夕方からだから、下調べしておいた8:50発のバスでシエナへ行こう、ということに。

ところがバスターミナルへ行ってみると、
「今日はストだから8:50のバスは無い。次は10:10発。」と言われる。
ぴぴ:「え?では(時刻表にある)9:10は?」
係員:「それもない。10:10だってば!」(←なぜか怒り口調・・・)
でも機転を利かした私は、9:10が本当に来ないことを確認するまでは、
この場を離れないことを友人Dに提案。

すると、来ました!9:10のバス!(爆)
大正解。イタリアって、係員が平気で違うことをいう不思議なところなのだ。

フィレンツェからシエナは約1時間15分。10:30には到着。
やってるやってる、広場で集会。今日はストだなーと再認識。

まず、一番の名所・カンポ広場に行って、ツーリストインフォメーションで地図を入手しよう。
が!ここでもストが・・・!ツーリストインフォメーションが閉まってる。
観光立国なんだから、せめて16時半までは開けててよね。
しかたがないので、有料のものを買わされてしまった。

c0022718_15344672.jpgカンポ広場にそびえるマンジャの塔。
高い所好きの私は登ってもよかったんだけど、
友人Dはひいこらしたくないらしく、
登るのは断念。天気も悪いということで、
景色も100%の状態ではないから、
しかたない。あきらめる。

それから、もう一つの見所・ドゥオモ。
なんと残念!ファザード(教会正面)が修復中。
そしてもう一つ。入場が有料になってた!
ひとり3ユーロ。
修復にお金がかかるのかねぇ、
と言いながら払いました。
シエナのドゥオモは黒と白の大理石の
縞模様で、私はいつもその迫力に圧倒される。



昼食は、ミシュラン2005に載っている
ANTICA TRATTORIA "PAPEI"
Piazza del Mercato, 6
Siena
Tel: 0577- 280 894
定休日:月曜日

写真は
c0022718_15432072.jpgPappardelle al cinghiale
(イノシシ肉のソースのパッパルデッレ/幅広パスタ)
3週間くらい経った今、思い出そうとしてもどんな味だったか表現できない。
おいしかったことは間違いないんだけど。

この店は日本人もよく来るのかな、ウェイターのお兄さんに日本語で自己紹介されました。(笑)

ゆっくりお昼を食べてたら、もうすぐ帰りのバスの時間。
バス停方向へ、ウィンドウショッピングしながら歩く。
c0022718_15515749.jpgc0022718_15523627.jpg途中で小さな広場に建つ、狼と乳飲み子の像。
シエナのシンボルなのだか、例の如く、その逸話はまったく覚えていない。


(ガイドになれなくてごめんね、>友人D。)


そして、15:10発 16:25着のバスでフィレンツェに戻ってくる。

フィレンツェで最後の晩餐。
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-18 16:12 | 2005イタリア旅行日記
フィレンツェ観光②
2005年11月24日(木) フィレンツェ 天気:晴れ時々曇り

午後は、メインイベント・ドゥオモに登る。
ドゥオモに登るか、鐘楼に登るかは、ワタシ的には選択しがたい2箇所なのだが、
フィレンツェ2回目のDによると、
ドゥオモのクーポラのフレスコ画を近くで見る、というのがより魅力的なのだそうだ。
c0022718_22361668.jpg
確かに迫力満点である。

c0022718_22375343.jpgc0022718_22381567.jpg
ひいこら登って、その恩賞がこの景色。c0022718_22383749.jpg
午前中行ったサンタ・クローチェ教会も見える。
c0022718_2241812.jpg
ちょうど16時の鐘が鳴り響く。

もう夕飯!?
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-12 22:53 | 2005イタリア旅行日記
フィレンツェ観光①
2005年11月24日(木) フィレンツェ 天気:晴れ時々曇り

この日は一日フィレンツェ市内散策。
まずはじめに、朝市を見たいというDの希望があったので、サンタンブロージョ市場へ行く。
c0022718_21375215.jpg

野菜・果物類は屋外の屋根の下で売っていて、
肉・穀物類・お惣菜は写真右奥に見える屋内で売っている。
市場をひやかし歩いていつも思うのは、
ホテルに宿泊してること&行きたいレストランが多すぎること。
材料を買って、自分で料理したり、お惣菜で夜食たべたり、そういうこともしてみたい。

次は、サンタ・クローチェ教会へ。
c0022718_21523862.jpgc0022718_215541.jpg
中庭と正面ファザード。有名人たちのお墓がある教会なんだけど、
ヤッヤバ・・・すべて忘れた・・・。
図書館で借りたガイドブック返すんじゃなかった・・・。

昼食は。。。
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-12 21:38 | 2005イタリア旅行日記
ワインの里・モンテプルチャーノへ
2005年11月23日(火) フィレンツェ 天気:曇り/モンテプルチャーノ 天気:曇りのち雪

今日はバスに乗って約2時間半、モンテプルチャーノまで足をのばす。
(あえて隠してたのだが、私が2002年秋から冬に滞在してた街。)
c0022718_2248390.jpg

赤ワイン「ヴィーノ・ノービレ」の産地として有名。
トスカーナ地方の東南部に位置する。
丘の上の街で、街のあちこちにパノラマポイントが。

昼食
TRATTORIA di CAGNANO
Via dell'Opio nel Corso, 30
53045 Montepulciano
Tel: 0578-758 757

c0022718_22573822.jpg写真はPici(ピーチィ)というパスタ。
この地方(シエナ近辺トスカーナ南部)名物の太麺。
手打ちで食べるのがよし。
どのように調理しても、
日本人にはうどんのように感じる。







c0022718_23252618.jpgc0022718_23272685.jpg
c0022718_23275288.jpgc0022718_23281864.jpg

c0022718_23324581.jpgこんな石造りの街並み。

c0022718_23285930.jpgc0022718_23292578.jpg

↑ワイン蔵を見学できる。
↓暗くなるにつれて、雪も本降りに。

c0022718_2330097.jpgc0022718_23301762.jpg

フィレンツェに戻って夕飯
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-07 22:41 | 2005イタリア旅行日記
フィレンツェ到着
2005年11月22日(火) フィレンツェ 天気:曇り

フィレンツェ サンタ・マリア・ノッヴェラ駅(中央駅)近くのホテルにチェックイン。
HOTEL ALBA ☆☆☆
Via della Scala,22-38/r
50123 Firenze

駅から近くて便利。ホテルの人も親切。
そして何より、私が一番心配していた水の出がよい。
バスタブはなくて、シャワーが電話ボックス型だけど。


ツーリスト・インフォメーションで無料マップ入手。
それから、バスターミナル(LFI社・SITA社2ヶ所)に寄って、
バス乗り場の確認&時刻表チェック。
さぁ!街歩き!

といっても、もう暗くなってきたので、名所観光は翌日以降。
夕飯がポンテ・ヴェッキオを渡った先なので、そっち方面へウィンドウを覗きながら散歩。
共和国(レプッブリカ)広場、ドゥオモ、シニョーリア広場、そしてポンテヴェッキオ。

c0022718_22225524.jpgc0022718_22235329.jpgポンテヴェッキオ麓の
マドヴァ・グローブで手袋を購入。
私のフィレンツェ訪問のお約束。

夕飯は・・・
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-07 21:32 | 2005イタリア旅行日記
ヴェネツィア最終日
2005年11月22日(火) ヴェネツィア 天気:晴れ

あっという間にヴェネツィア最終日。
ホテルをチェックアウトして、午前中は名残惜しいヴェネツィアを歩く。

ドゥカーレ宮殿に入場してみようとするが、販売しているのは4つの美術館との
共通チケット(11ユーロ=1,600円)のみ。
ドゥカーレ宮殿だけしか見る時間はないので、宮殿自体をあきらめる。
次回にとっておく、ということに。

日曜日にミサ中で入場できなかった、サン・マルコ寺院へ。
以前にも一度来たことあるはずなのだが、全っ然っ!覚えてなかった。
中があれほど金ぴかだったとは!

c0022718_21195311.jpg寺院脇のライオン像。
子供がまたがって
写真撮ってて、
ちょっと羨ましかった。。。

ライオンは聖マルコの象徴。
街のいたるところに
飾られていた。






ARRIVEDERCI, VENEZIA!! さようなら、ヴェネツィア!!

ユーロスターでフィレンツェへ。
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-07 21:21 | 2005イタリア旅行日記
ガラス細工のムラーノ島
2005年11月21日(月) ムラーノ 天気:晴れ

サンタ・マリア・デッラ・サルーテのお祭りの出店を冷やかしながらアカデミア橋まで歩く。
そこからまたヴァポレットに乗って、ムラーノ島へ。
c0022718_23302424.jpg
本島に比べて運河の川幅が狭くて、ますます○○ニー・シーみたい。。。

到着したら、まず昼食。
2005年版ミシュランに載っているトラットリア
TRATTORIA BUSA ALLA TORRE (トラットリア・ブーザ・アッラ・トッレ)
Campo S. Stefano 3
Murano
Tel: 041-739662

この店の名物オーナーと思われるおっちゃんがサンタクロースみたい!(^^)
予約なしで行ったら、「すぐ席あくから、これ飲んで待ってて」と
桃の生絞りジュース(シャンパン割り)を出してくれる。
ス、スゲー!!おいしい!そして、ホントにすぐ案内される。

写真は友人Dのカメラに収まっているので、手元に今なし。
ここでは前菜にチッケッティ・ミスティ(ヴェネツィア名物の一口つまみ盛り合わせ)を注文。
・・・普通の前菜盛り合わせみたい。どこがヴェネツィアっぽい?勉強不足!


c0022718_23512753.jpgc0022718_23515839.jpg

















午後は、ムラーノ島内の土産物やに出たり入ったり。
工場にも入ってみる。とはいっても、観光客用にデモンストレーションなどをやっているところではなく、職人が黙々を熱いガラスに取り込んでいるところを見学といった感じ。

暗くなるころ本島へ戻る
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-06 23:38 | 2005イタリア旅行日記
サン・ジョルジョ・マッジョーレ島
2005年11月21日(月) ヴェネツィア 天気:晴れ

今日の午前中の予定は、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島に渡り、鐘楼に登ること。
ヴァポレットで、サン・ザッカリアから一駅、サン・ジョルジョまで。
ヴァポレットの切符は、24時間券(10.50ユーロ=1,520円)を購入。
これで一日ヴァポレット乗り放題。

c0022718_07387.jpg

とってもいい天気なのに、観光客は私たちと日本人カップル一組のみ。
これでは鐘楼の上も貸切に近い!ラッキー!鐘楼に登るにはエレベーターでひとっとび。

c0022718_0112136.jpg

写真は、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島側からみた、サンマルコ寺院~ドゥカーレ宮殿、
サンマルコ広場付近。
鐘楼の上からのパノラマ、360度感激!!グルッと見渡す限りの、海・運河・島!
空の青と海の青が同じくらいキレイで、「あ~来てよかった~」と心から思える景色。

サンタ・マリア・サルーテ教会へ・・・
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-03 23:56 | 2005イタリア旅行日記
ヴェネツィア本島 散歩③
2005年11月20日(日) ヴェネツィア 天気:晴れ

昼食!!
c0022718_113094.jpg

TRATTORIA TRE SPIEDI(トラットリア・トレ・スピエーディ)
Cannaregio, 5906
30131 Venezia
定休日:日曜日午後、月曜日
予約は受付なし

地元客が多い店です。日本語メニューはもちろんないが、英語メニューはあり。
写真はFRITTI MISTI(魚介のミックスフライ)。さすがヴェネツィア!美味しい~!!

ゴンドラ・セレナーデ
ヴァポレットの停車場GIGLIO(ジッリォ)脇に、ゴンドラ乗り場もあり。
15時半の出発。まぁ、ここはイタリア。実際には15:45くらいだけど。
観光客は、15時半にはすでに行列。私たちぴったりに行ったら、列のほとんど最後。(笑)
c0022718_185923.jpg

6~7艘のゴンドラが連なって、大運河・小運河を進んでゆく。
小運河では、橋の上の観光客の見世物になる。
うち一艘に、歌手とアコーディオンのおっちゃんが乗っていて、
航行中ず~とカンツォーネをうたってくれる。
夕方でだんだん冷えてきたけど、なんだか楽しい♪

夕食
TRATTORIA DA REMIGIO(トラットリア・ダ・レミージョ)
Castello 3416
Tel: +39 041. 52 30 089
予約:必要
定休日:月曜日の夜と火曜日

住所のCastello(カステッロ)は通りの名前でなくて、このエリアの名前。
これだけで行くのは結構難しい。実際かなり回り道して腹ペコ。
トラットリアという名目だが、ウェイターは蝶ネクタイでリストランテに近い。
価格帯もリストランテ並と思われたし。

c0022718_114434.jpg

写真はZuppa di Pesce(魚のスープ)。出てきてみると、魚とはシャコ。
ヴェネツィアではよく食べられる食材と今回の旅で知る。

私たちが座った店内エリアはわりと外国人が多かったように思われる。
隣席のドイツ人夫婦と交流。ガルダ湖に別荘を持ってるということでイタリア語も話すのだ。
英語とイタ語のちゃんぽんで、なかなか何とかなるもんだ。
これが海外旅行の楽しみの一つでもある。
[PR]
by pipina_tuc | 2005-12-03 00:58 | 2005イタリア旅行日記
FirefoxをダウンロードFirefox  無料ダウンロード